I邸新築工事現場監理③ 床断熱

建て方の前準備は土台引きから
墨だし、レベラー、プレカット材料の加工精度等々…
棟梁のきびしい目が光ります(-_☆)キラーン

根太レス工法で構造用合板(厚28m/m)を使用します。

根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強く

火打ち梁を省くことができます(部分的に火打梁で補強)

建て方の作業性や床の上に材料がおけるなどとてもいいのですが
設計段階でPS(配管・配線スペース)をしっかりと確保しておかないと大変なことになります。

1F床断熱材はこの時点で敷込みます。

建方までの期間の天候にもよりますが
養生のため透明の粘着フィルムでラップします。

建て方まで雨が降らないことを祈りつつ…

Facebook・Twitterでみなさんのお役にたてる情報発信していきます。「いいね!」や「フォロー」していただけるとうれしいです。ヨロシク(b・ω・d)デス♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です