建築設計に向いてる人の特徴とは?設計事務所は雇うならこんな人を欲しがっている

自分が建築設計に向いているのかなんてなかなかわからないですよね。

建築設計することが好きであれば続ければいいと思いますが…

しかしながら、建築設計に向いていない人がいくら頑張っても思い通りの成果が期待できないと思います。

そんな場合は、早いうちから他の分野に転職を考えた方がいいと思います。

建築設計に向いている人の特徴ってどんな人なの?

建築設計に向いている人の特徴については、ただものづくりが好きなだけではうまくいかない場合があります。

私は建築設計の仕事に25年以上も携わってきて、いろいろなタイプの人間を見てきました。

建築設計が好きだけど、このまま続けたらいいのか悩んでいる人の相談も数多く受けてきました。

建築設計が長く続かない人には共通して足りないものがあります

今回は建築設計に向いているのかわからないで悩んでいる人に、建築設計に向いている人や、設計事務所が欲しがる人の特徴をご紹介します。

この記事で少しでも自分が建築設計に向いているかの判断材料になってくれれば幸いです。

建築設計に向いている人

建築設計に向いている人の特徴は以下になります。

・ものづくりが好き

・計画性を持って行動できる

・協調性がある

・ビジネスとして考えない

・人と話すのが好き

あくまでも私のこれまでの経験からの特徴なのでご参考までに…

ものづくりが好き

子供の頃からプラモデルを作るのが好きだったり学校の図画工作が好きだったりするなど

純粋にものづくりが好きという気持ちをもっていることはすごく大切だと思います。

建築設計は新しい知識も必要になりそれをうまく使えないか試行錯誤して想像することや、設計図面を完成させるために夜遅くまで作業する仕事が大半です。

図面製作の打合せもかたちがまったく決まっていないところから作り上げていくのでとても手間のかかる作業です。

完成品ではなく自分で作り上げていく過程を楽しめる気持があるというのはとても大切だと思います。

計画性を持って行動できる

行き当たりばったりで行動すると材料のロスや納まりの不具合などが生じます。

どんな些細なことでも計画性をもってその範囲内で納まるようにしなければなりません。

現場施工といっても、職人さん達は経験から作業工程を頭の中で想像して現場を計画的に納めていきます。

建築設計で特に工事監理の仕事は計画性を持って行動できることがとても重要となります。

建築を現実世界で実現するために目標めざして計画性を持って根気強くがんばることができる人は向いていると思います。

協調性がある

チームを組んで設計する場合には協調性がある方がうまく仕事が進みます。

ただし、アイデアや意見を求められたときはしっかりと自分の意見を主張することが必要です。

先輩や上司、同僚などとの人間関係の距離感を上手く築けるかどうかがその会社で長く働くためには必要になります。

意見の対立などがあった場合は感情的にならずにお互いのメリット・デメリットを客観的に分析して調整を取ることのできる人は建築設計に向いていると思います。

注文住宅などでは奥さんや旦那さんの意見が対立して話が進まなくなることなどたびたび起こります。

そんな時にお互いの意見を活かせるような設計を考えることがとても大切です。

この場合は協調性というより調停能力といった方がいいかもしれません。

いずれにしろ、会社勤めで建築設計をするのであれば協調性があった方がいいと思います。

ビジネスとして考えない

建築設計はビジネスとして考えた場合はとても非効率な仕事です。

家づくりなどの場合の大半は、設計とは関係のない話です。

その人が家についてどのような考えを持っているのかや、その人の人間性を理解するための話がほとんどです。

しかしながら、そのような打合せをしないと注文住宅の設計はできないと思います。

全てお任せで注文住宅の設計を頼むことなんてほとんど無いと思います。

ビジネスとしての効率を上げるには

・SNSなど普段から自分の考えを発信してそれに共感してくれる人からの仕事を受ける


・打合せ前に要点や問題点をまとめそれに対しての対処法などを書面のやり取りで済ませる


・打合せは疑問点やその他のことを議題にする

などの工夫が必要なのですが、なかなか上手くはいかないと思います。

ビジネスとして考えるよりもクライアントとの人間関係や信頼関係を築くことを考えながら仕事をした方がいいと思います。

クライアントやその考えにどのくらい興味を持って接することができるのかがいい設計をするために必要なことだと思います。

人と話すのが好き

建築設計の仕事はパソコンに向かって図面や3DCGをひたすら描いていればいいというわけにはいきません。

建築主との打合せや施工業者との打合せ、現場では職人さん達との話し合いなど人と話す機会が多いです。

建築主の考えや要望を打合せの中でうまく要点をまとめたり、

それを実現するために施工業者にその設計意図を伝えたり、

現場では職人さん達との作業工程の調整などの話し合いなども必要となります。

余計な世間話をする必要はありませんが、話しやすさやコミュニケーション能力はある程度は必要になります。

人と話すのが好きな人は人と話すのが苦手な人よりコミュニケーションが苦にならないので向いていると思います。

設計事務所が欲しがる人

設計事務所が欲しがる人の特徴は以下になります。

・自分で調べて行動できる

・話すより手が先に動く

・クライアントのために頑張れる

これは設計事務所を運営している私自身が欲しい人材の例です。

これ以外にも

・人の意見を素直に聞ける人
・すぐに行動に移せる人
・結果を分析し改善できる人

など、社会人として成功するのに必要な特徴が挙げられますが、

設計事務所が欲しがるという点においては以下にあげたことの方が重要だと思います。

自分で調べて行動できる

自分で調べて行動できる人はどんな会社でも欲しがる人材だと思います。

アトリエ系の設計事務所は人員が少ないので新人の教育体制が整っていない場合が多いです。

私の頃もできる先輩の仕事を見て盗むのが当たり前でした。

社会人として分からないから全て教えてというのはどうかと思います。

自分なりに調べてから疑問点を先輩に聞くなどの姿勢が必要だと思います。

自分で調べることができたらあとは行動するだけですが、行動する前に先輩や上司の確認をとるようにしましょう。

しっかりと確認をとることで失敗した時に助けてくれたりアドバイスがもらえたりします。

行動できることはとてもいいことなのですが、あまり先走った行動は控えましょう。

話すより手が先に動く

話すより先に手が動く、つまりスケッチや模型などをすぐに作ることができる人の方が設計事務所が欲しがる人材だと思います。

建築設計では話をして考えをまとめることも必要なのですが、建築の場合は最終的にはそれを形にしないと意味がないです。

話ばかりして手が動かない人はあまり建築設計には向いていないので、営業かコンサルタントになった方がいいと思います。

クライアントのために頑張れる

クライアントのために頑張れる人や人の気持ちになって設計できる人は設計事務所が欲しがる人材だと思います。

クライアントのために頑張れる人はクライアントを喜ばせたいと思う気持ちがあると思います。

その気持ちがあると途中で妥協することなく、より良い建築設計をすることができます

建築設計することで誰かの役に立っていると思うと頑張れるのでその気持ちを大切にしましょう。

まとめ

今回は建築設計に向いているのかわからないで悩んでいる人に、建築設計に向いている人や、設計事務所が欲しがる人の特徴を紹介しました。

まとめると以下になります。

建築設計に向いている人

・ものづくりが好き

・計画性を持って行動できる

・協調性がある

・ビジネスとして考えない

・人と話すのが好き

設計事務所が欲しがる人

・自分で調べて行動できる

・話すより手が先に動く

・クライアントのために頑張れる

建築設計に向いている人や設計事務所が欲しがる人になるためには今までの自分を客観的に判断して、

足りないと思うことや自分の考え方を変えていくしかないと思います。

それでも、自分は建築設計の仕事をしたいのであれば、独立して自分自身の足りない部分を補ってくれるパートナーを探すのがいいと思います。

全てが完璧な人間なんてなかなかいないと思います。

自分の得意なことが一つでも見つけられれば、それを伸ばしていくことに集中して仕事をして行きましょう。

あくまでも私のこれまでの経験からの特徴なのでご参考までに…

この記事で少しでも自分が建築設計に向いているかの判断材料になってくれれば幸いです。

Facebook・Twitterでみなさんのお役にたてる情報発信していきます。「いいね!」や「フォロー」していただけるとうれしいです。ヨロシク(b・ω・d)デス♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です